群馬県で注文住宅を建てる工務店なら、エスホーム、山里建設


2013年(平成25年)1月 15日  ■高崎市の小学校の天板交換

平成25年1月15日(火)に、平成24年12月25日に天板交換をした小学校にて、ふれあい授業を行いました。※天板交換の模様はこちら。
6年生全員とお母さんお父さん、いつもお世話になっている大工さん業者さんにも参加してもらいました。

ふれあい授業を通して小学生に「木」の種類・性質・リサイクル法などを知ってもらいました。
また、古い天板を使ってちゃぶ台作りをすることで ものづくりの楽しさを体験してもらえたと思います。


①事前に大工さんに協力してもらい、ちゃぶ台の材料をつくります。
 
②社員全員で子ども達ひとりひとりの分にわけていきます。

①ふれあい授業のはじまりです。
社長より木の種類・性質・活用法などについてのお話をしました。
 
②次に材木屋さんにもお話をして頂きました。そして、うしろに座って頂いているのが、いつもお世話になっている業者さんです。45人の方がお手伝いに来てくださり、大変助かりました。

①大工さんのかんながけ実演です。実際に、何人かの6年生・先生方にも体験してもらいました。見るのとやるのとでは大違いで、大変盛り上がりました。
 
②いよいよちゃぶ台作りの開始です。いくつかのグループに分かれて、お母さんお父さんと一緒に作っていきます。

①ずっと使用していた机の天板が、いよいよちゃぶ台に変身していきます。

 
②40分ほどで、みんな完成しました。おうちで使用するたびに小学校の思い出がよみがえりますね。